chat-blog

僕の独り言が誰か一人の役に立つことを祈って

*

【チュウニズム攻略】きっとみんな好き。アルマのストーリー紹介

   

みんなこういう性格の女の子が好きなんでしょ!

PR

ルミエラ・ヴィス・アニマートの知られざる物語(roman)

ルミエラ・ヴィス・アニマート

episode1
聖域の守護聖女ルミエラ
「アルマよ……世界は広い。見に行こうではないか?
 絶対行くからな。止めても無駄だ。もう決めたのだ」

名前:ルミエラ・ヴィス・アニマート
年齢:13歳
職業:聖域の守護聖女
特技:わがまま・強引・問答無用
 
 教国の最奥、聖域。そこはまさに世界の果て。海と天
とが融合し、高濃度エーテルで充ちている。
 伝統的な聖域守護者の家系に生まれ育ったのが彼女で
ある。抜きん出た才があり、次代の聖女と名高い。
 まだ年若いが、国家の信仰儀式一切を滞りなく行う。
 しかしひとたび職務を離れると、実年齢よりもはるか
に幼いような、おてんばさや勝ち気さが垣間見える。
 
「ああ、この術は少々元気が出すぎるから注意せよ」
 ルミエラは特殊なエーテルシールドを作成することが
でき、そのシールドがあればゼーレタクトや機神の暴走
を防げる可能性が高かった。
 だが彼女は、聖女としての使命からではなく、ただ世
間への好奇心から、旅団への同行を自ら言い出した。

episode2
聖女ってなに?
「そうだな。生まれながらの才能と、後天的学習……
 あと必要なのは自分のかわいさ! かもしれん!」

 聖女とは何か、だと? それは私が聞きたい!
 みんなからはどういう風に思われているのだろうな!
 私は歴代の中でも一番聖女らしくない聖女だそうだが
いったいどういう意味なのだ、アルマよ?
 
 えーと……教国における伝統的聖女の話をひとまず。
 聖域のフォノ神殿の巫女たちを束ねる存在が聖女だ。
 巫女は大陸各地に布教や巡礼に行くことがあるが、聖
女は基本的に聖域から出ず、聖域で年中祈っている。
 何か女王蜂と働き蜂みたいな関係だな。ふふふ。
 聖女は教国の政治上でも法王一族に次ぐ権限を持つ。
 何しろこの国は、人の気持ちを集めることが大事だ。
 国防の『心の壁』のみならず、人の思いとエーテルが
動かす古代機構が経済産業の原動力。教義は大切だな。
 
 聖域の守護者は幾つかの家系があって、まあ誰が次の
聖女の役割になるかは、持ち回り。今回は私の家だ。
 エーテル操作に関する才能は生まれつき必須とされる
が、祭事やら礼節についてはどのみち聖女候補となって
からあれこれ覚えさせられる。はあ。めんどくさい。

episode3
聖域の日常
「朝は早起き。昼は寝る。そして晩飯はゴージャスに。
 私にとってはこれがフツーのことだ」

 普段の聖域では何をしてるかって?
 別に面白くもないからアルマにでも聞いておくれ。
 ……と言いたいが、うーん、そうだな……
 
 朝の礼拝では巫女や聖女は、国民全員ひとりひとりの
ことを思い浮かべながらエーテルの安定を願うんだ。
 順々に、全員だぞ? 覚えてなくて誰か飛ばしたり忘
れたりすると、災いが降る。巫女は責任重大だな……だ
が私はいじわるな宰相の名前を時々忘れるんだ。ふふ。
 
 巫女たちと違って聖女は昼は瞑想をし、エーテルの充
満した気配から運命を読み取るのが仕事のひとつだ。
 お告げを待っている人々に、道を示さねばな。
 が……時々意味不明な神託を告げて申し訳ない。
 私も何をどう言葉にすべきかわからないときがある。
 
 晩飯はなかなかうまい。質素倹約を重んじる聖域の暮
らしでも、夜の料理だけはじっくりと手間を掛ける。
 巫女たちもささやかなぜいたくをいつも楽しみにして
いるよ。アルマは神殿の予算を節約しろとうるさいが。

episode4
外世界への思い
「アルマよ。聖女の私も、職を離れればただの少女だ。
 たまにはどこかに出かけてみたいのだ、連れて行け」

 巡礼から戻った巫女から、各地の様々な話を聞く。
 古今の書物からも、あらゆる知識を仕入れる。
 それがエーテルの脈流から運命を知り、それを告げる
聖女としての必然たる教養だ。だが、しかし……
 
 神託を求めるどんな旅人の相手をしようとも!
 どんなに面白い諸外国の話を聞こうとも!
 この私自身は、聖域からほぼ一歩も出られないのだ!
 なんというナマゴロシだろう! おい、アルマ!!
 お前が騎士団を束ねる白騎士だと知ってて頼むんだが
連中の目をコッソリ盗んで、また私を近くの廃棄鉱山あ
たりまで連れて行ってくれないか!?
 息抜きだよ、い・き・ぬ・き! リフレッシュだ!
 たまには薄いエーテルのところまで連れて行け!
 気の重みを感じずに、思う存分走り回りたい!
 
 ……なんだ、なぜダメなのだ? 私は行くと言った。
 今日のおつとめはもう終わったんだし、聖域に聖女が
閉じこもってる理由なんてないだろう。とにかく行くっ
て言ったら行くの! もう私ひとりでも勝手に行くぞ?

episode5
古い伝承への危惧
「昔話をしよう。伝承の真偽は私もわからん。
 しかし、懸念は持っておいてよかろう」

 昔話をしよう。そうだな……青の国の歴史家の推測で
は、およそ2万年前のことだ。想像しがたいが。
 
 当時は『機神』と呼ばれる、神々の模造品……神の姿
だけを借りた偽の、機械の神が地上を闊歩していた。
 その偽の神は、古代人が作った。エーテルが乏しかっ
たこの大陸に入植してきたその古代人たちは、今のこの
エマーグとは全然違う文化と技術を持っている連中だ。
 そして彼らはエーテルをどこからか導き出して、大陸
に定着させた。
 この『どこからか』のヒントは次元ゲートにあるよう
だな。帝国はこのゲートや偽の神の研究に、躍起だ。
 大陸を覆いつつあるエーテル異常に対して、帝国軍は
古代機構を真似た機械で対抗しようとしている。
 
 まあ、機械や機構の性能なぞは私にはわからんが。
 偽の神のさらに偽物を作って、どうするのやら。
 だいたいなぜ、その2万年前の入植者の生き残りが今
この大陸には皆無なのか、気がつかないのだろうか。
 
 彼らは皆、殺されたのだよ。自ら作った偽の神に。
 伝承によればな。
 やがて偽の神は地底で眠りについたが……今、また過
ちが繰り返されるような予感が、私にはしてならん。

episode6
旅路の好奇心
「私は聖女としての使命を背負って出かけるのだ!
 ……で、おやつはどのくらい用意していけばいい?」

 青の国の地下の、偽の神々はもう目覚めただと!?
 それを早く言え! ええいアルマ、出かけるぞ!
 聖女には偽の神の冒涜から民を守るつとめもある!
 だから私を青の国に、現地に行かせろ!
 なんの、我が身の危険などかえりみていられるか!
 
 え……? 青の国はもう落ち着いてるけど、機神の繭
を帝国軍に持ち去られた? それも早く言わんか……
 じゃあ、どうする、アルマ。繭の覚醒は阻止したい。
 機神があるのはおおかた新首都か、または次元ゲート
だろう。ゲートのエネルギーは機神を目覚めさせるには
良いらしいからな。ひとまずゲートを目指すか。
 ゲートならば、そう遠くない。もっとも近いゲートの
ある帝国旧都は、せいぜい2日もあれば到着できる。
 こちらには発掘旅団の陸上帆船もあるしな。
 
 ……なんだアルマ。ちがうぞ。私は別にお船に乗りた
いから旅団と一緒に行きたいわけじゃない。毎夜おいし
いごちそうが振る舞われる旅団がうらやましいわけじゃ
ないぞ! そうじゃない! ただ旅が! 楽しそう!

episode7
元気になる秘術
「異世界の巫女は、明るく元気に、おしりをふりふり
 歌うとか……その真似事を、たまにはしてみるか!」

 はいはい! シズマと発掘旅団とその仲間たち!
 頑張ってるかー? 私が聖域の聖女ルミエラだ!
 
 うん。よし。全体的にいい返事だな。
 それにしても帝国軍は、しつこい。超しつこい。
 私たちがどこに行こうとも見つけてくる。
 次元ゲートへの強行突破を試みた私たちを、やはり軍
は追ってくる。
 予想通り、砲弾が雨あられと飛んでくるじゃないか。
 
 だが、私の譜術・絶対防御令が間に合ったな。
 このエーテルシールドは、旅団の陸上帆船すべてを包
み込み、いにしえの光線兵器さえもはじくのだ……
 我ながら、すごい技だな!
 そしてほとんど被害を受けることもなく、皆揃って、
軍のイセリア技官の追跡を振り切った。
 
 さて一同、ようやくキャンプができそうだな。
 走り通しでくたびれただろう? 元気を出そうか。
 食事の振る舞いなどはフィーネにまかせるとして、私
は……そうだな、歌と踊りを披露しよう。異世界には、
あいどるという巫女がいて、それの真似事の譜術だ。
 だが、この術は元気になりすぎるから、皆注意せよ!

episode8
聖女ならではの愚痴
「なあアルマ、聞いておくれよ。前々から思うが……
 私のこの聖女の伝統装束、重くないか?」

 頭に被ったヘッドセットが儀式や施術に重要だという
ことは熟知している! けれど首を回すと疲れるんだ!
 え? これでも特注で私専用のサイズと軽さだって?
 そうなのか、ローブも……でも、やっぱり重いぞ。
 代々受け継がれてきた杖も大きくて持ちにくい……い
や、これは私の身体がちょっと小柄なだけなんだが。
 身長、今からでも伸びないかなあ……
 もう少しこう、すらっとした感じになりたかった。
 オトナのオンナに見せたいんだ。
 お胸も、もう少々だけサイズが欲しくてだな……
 そのほうが聖女の威厳があり、カッコイイだろう?
 
 ええい、うるさいぞアルマ! 私だって乙女だ!
 聖女だって、かわいいおんなのこなんだから!
 たまには声をあげて主張したくなるんだ……普段は仕
事一辺倒だしな。だが聖女は聖女の任にある間、貞節を
守り通すのが伝統……わかっている。
 
 ただ、その……幼馴染みのグレンは、どう思うか……
とか。たとえばの話だぞ、アルマ。あくまで。

episode9
聖女たちの危機
「敵の新兵器だ! 突撃中止! 部隊が決壊するぞ!
 みんな下がれ、下がってくれ……!」

 こんなはずではなかった。私にも過信があった……
 私の譜術・絶対防御令は、この身に受け継がれた伝統
の技。その名の通りに何事にも破られない、究極最強の
盾だと思っていた。
 だが、ついに、そしてあっけなく、エーテルシールド
は破壊された……私の目の前で。
 あれが帝国の最新兵器テトラコルド改の脅威か!
 確かに民が皆、あの兵器に恐れおののいていたが……
 エーテルの存在自体をねじ曲げてしまうような大量破
壊の振動と光……あんなものを、よくも……
 
 発掘旅団を中心に集まった有志の戦士たちは、皆勇敢
だが、軽装だ。しかし我が譜術の加護により、あの次元
ゲートを巡る激しい攻防にも耐え抜いてきた。
 けれど今、帝国の新首都に居並ぶ敵の大軍の砲火に、
シールドの加護を失ったまま、晒される……!
 やめるのだ! たとえ他の誰かを守るためであっても
その身を捨てるような突撃はよすのだ、戦士たちよ!
 ああ……なんということだ……これでは……
 私の力への過信が、彼らに全滅の危機を招くのか。

episode10
反撃する聖女
「やってみせよう……さあ、新たな私の防御令だ!
 敵に絶対の盾が通じなくとも、この万能の鎧なら!」

 人が戦いで死ぬのを、私は初めて見た。
 それもあまりに数多く、一度に。
 私は自分の造り出すエーテルシールドに頼りすぎ、彼
ら戦士に無茶をさせてしまった……
 敵に向かい、そのまま戻ってこない者たち……
 彼らのことを思えば、私にも大きな悲しみ、怒りが。
 そして、やるせなさが渦巻く。
 
 ……泣いてばかりいられない。あのグレンも、青の国
の悲劇を背に、立ち上がったではないか。
 アルマよ! もしも私がまだ気を落としたままならば
いっそこの頬を力一杯叩いて、目を覚まさせてくれ!
 この瞬間に私に必要なのは涙ではない! 勇気だ!
 そして敵に対して、工夫をしてやろうではないか!
 
 絶対防御を打ち破る破壊の波長を持った兵器を、敵が
擁していることは、もうわかっている……ならば!
 破壊に耐える盾ではなく、攻撃を吸収する鎧を使え!
 私のこの、エーテルと通じ合う力をもって、この場で
鎧をたちまち作り上げ、皆に配り与えるとしよう!

episode11
聖女の旅は続くよ
「さあ、まだ見ぬ土地に私を連れて行け、アルマよ!
 発掘旅団と共に、エマーグすべてを巡礼するのだ!」

 帰るぞ、アルマ。ここでの私の、聖女としての仕事は
終わった。帝国軍も間違いに気づき、もうエーテルを人
為的に操るための争いなど、二度と起こさんだろう。
 
 機神トールは、光の中の異世界へと去ったのか……
 そしてシズマも、どこに行ったのか……
 だがきっと、彼らも帰るべき場所を目指した。
 それは不幸ではなく、喜びに繋がるに違いあるまい。
 
 何……アルマ、まだこの空を飛びたいのか?
 聖域の濃いエーテルの中へと、戻らなくていいのか?
 
 よし! よくぞ言った! 私も同感だ!
 今しばらく、私も旅団たちと共に旅を続けるぞ!
 大陸の各地は、軍の誤った行動の爪跡により、まだ傷
ついているだろう? その癒しを、巫女ばかりに任せて
はおれん。この聖女自ら、率先してやろうではないか。
 ……なんだアルマ、違うぞ。私は別に各地の珍しいも
のを見たり、おいしいものを食べたくて旅行に行くわけ
じゃない。本当だ! でも、ああ……! 楽しみだな!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最後まで見ていただきありがとうございます。
今後とも頑張って更新していきますのでもしよろしければ
下記お一つでもシェアしていただけると幸甚です。
Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマーク LINEで送る

 - チュウニズムキャラストーリー

  関連記事

美嶋はるな
【チュウニズム攻略】止まない雨はない。美嶋はるなのストーリー紹介

可愛いですよね。話もすっごくおすすめです。 譜面は糞だが。 PR 美嶋はるなの知 …

ブリランテ
【チュウニズム攻略】新たな本当の自分へ。ブリランテのストーリー紹介

スキルもキャラもお気に入りな高機能botブリランテのストーリー紹介です。 PR …

エクレール
【チュウニズム攻略】答え=Judgement。エクレールのストーリー紹介

スキルがかなりお勧めなのですがストーリーがちょっと難しいです。 「あなたならどう …

シズマ・クロサキ
【チュウニズム攻略】THE主人公wシズマクロサキのストーリー紹介

普通にゲージブーストが欲しかっただけなんですけどついでなのでMAXまであげちゃい …

織姫ひめみ2
【チュウニズム攻略】裸にされペタペタ?!織姫ひめみのストーリー紹介

こんな可愛い子がまさか最後は裸体を弄ばれる展開になろうとは・・・ PR 織姫ひめ …

イセリア
【チュウニズム攻略】才に溺れし魔導師。イセリアのストーリー紹介

さらなる力を求めた果てにって感じの話です。 個人的には好き PR 帝国魔導師イセ …

スクリーンショット 2016-02-20 17.37.34
【チュウニズム攻略】Counselorノルンのストーリー。「今抱き締めてあげるよ」

チュウニズムのめちゃかわカウンセラー、ノルンのストーリーまとめです。 PR ノル …

熱砂のディース
【チュウニズム攻略】砂漠のバウンティハンター。ディースのストーリー紹介

いわゆる賞金稼ぎですね。見たまんまというかなんというか。 PR 熱砂のディースの …

青の死神
【チュウニズム攻略】「敵か味方か」青の死神のストーリー紹介

スキルは強力なのですがリスキーすぎます。。。死神らしいといえばらしいですが^^; …

天王洲なずな
【チュウニズム攻略】イロドリミドリのお母さん!天王洲なずなのストーリー紹介

イロドリミドリの中で一番好きなキャラです! PR 天王洲なずなの知られざる物語( …

※コメントですが僕が確認してからとなるのでだいたい3日後の反映となります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">