chat-blog

僕の独り言が誰か一人の役に立つことを祈って

*

馬鹿でもできた、CentOs6(仮想)にOracle12cをインストールする手順

   

とても反感を喰らいそうな題名ですが許してください。
先日、「へーOracle12cってでてたんだ。ちょっと入れてみてよ」
という無茶ブリをパイセンから受けて構築しようとしたのですが、
ネット上でも中々情報が少なかったので備忘録として残しておきます。

PR

前提

  • centos6(仮想)
  • すでにoracle12cのインストールファイルがホスト側にある
  • vmware playerを使っている
  • イケメン

下記の手順でやっていきます。

  1. Oracleのユーザ作成
  2. ホスト側にあるoracle12cのファイルを仮想マシン側にコピー。
  3. コピーしたファイルをインストール用のディレクトリに配置
  4. 環境変数設定
  5. xhost設定
  6. インストーラー起動
  7. いざ、OEMへ!!

では、細かく手順を見ていきましょう。

Oracleのユーザ作成

※既にoracleユーザがいる場合はもちろんスキップです。

rootになります。
su –

oracleユーザ用にグループ追加
/usr/sbin/groupadd oinstall
/usr/sbin/groupadd dba
/usr/sbin/groupadd oper

oracleユーザ作成
/usr/sbin/useradd -g oinstall -G dba,oper oracle
言うまでもありませんがここで同時にグループの設定もしてます)

パスワード設定
/usr/bin/passwd oracle

以上で、oracleのインストールは完了です。
嘘ですすみません。次へ行きます。

ホスト側にあるoracle12cのファイルを仮想マシン側にコピー

どうやるのって感じですが、わからない場合は下記の記事を参考にオネシャス!
ホストのファイルをゲストに移す方法
(新規タブで開きます)

コピーしたファイルをインストール用のディレクトリに配置

oracleユーザになる
su – oracle

インストーラーの展開(今回は/tmp/oracle-installerに展開してインストールする)
※あくまでインストーラーを展開するだけでここにoracleをいれるわけではないです
mkdir /tmp/oracle-installer (ディレクトリ作成)
cp -p /mnt/hgfs/oracle/linuxamd64_12c_database_* /tmp/oracle-installer/. (ファイルコピー)
cd /tmp/oracle-installer/ (移動)
unzip linuxamd64_12c_database_1of2.zip (解凍)
unzip linuxamd64_12c_database_2of2.zip (解凍)

databaseというディレクトリが出来上がればOK。

続けてOracleが入るディレクトリを作ります。

rootになります。(一応)
su –

ディレクトリ作成
mkdir -p /u01/app/oracle/product/12.1.0/db_1

所有者、グループ設定
chown -R oracle:oinstall /u01

権限設定
chmod -R 775 /u01

 

環境変数設定

多分だけどrootのままでいいです。(僕はrootでやりました)

bash_profile編集
vim /home/oracle/.bash_profile

下記をコピペ
# Oracle Settings
export TMP=/tmp
export TMPDIR=$TMP

export ORACLE_HOSTNAME=oracle.localhost
export ORACLE_UNQNAME=orcl
export ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/product/12.1.0/db_1
export ORACLE_SID=orcl

export PATH=/usr/sbin:$PATH
export PATH=$ORACLE_HOME/bin:$PATH

export LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib:/lib:/usr/lib
export CLASSPATH=$ORACLE_HOME/jlib:$ORACLE_HOME/rdbms/jlib

※環境だとかで変えたほうがいい個所があるかも。SIDとか
空気読んで適宜変えちゃってください。

xhost設定

僕は最初これを忘れててはまってしまいました。
忘れずにいきしょう。これをやらないとインストーラー(GUI)が起動しません。orz

rootユーザにて
xhost +

oracleユーザにて
xhost +

で、OK!

 

インストーラー起動

お待ちかねです!

oracleユーザになる。
su – oracle

cd /tmp/oracle-installer/database

./runInstaller
GUIが起動します。

なんかいい感じの画面がでてくるので、
設定してしていきます。
気合いいれてくぜ!いったれいったれ!!

※今回僕はとりあえず入れてみるという要件で作業したので、
細かい設定は全部スキップ(デフォルトのまま)しています。

・Configure Secrity Upgrades
そのままNext
なんかアラートがでるけど無視(ワイルドダロー)

・Software Updatas
そのままNext
なんかアラートがでるけど無視(ワイルドダロー)

・Installation Option
そのままNext
一応、Create and configure a databaseにチェック入っていることを確認(ワイルドかい?)

・System Class
そのままNext
一応、Desktop Classにチェック入っていることを確認(ry)

・Typical Installation
Administrative password

Confirm password
だけ設定。(同じやつ)
ただなんかいろいろとアラートがでてくるけど無視。(イケメン)
(多分、推奨されるようなパスワードじゃないよ!ってアラートかと)

・Create Inventory
そのままNext

・Prerequisite Checks
スルー

・Summary
「・・・まあいいじゃね?」
ってわかった風な感じでそのままInstall
するとインストールが始める!!ワクテカ!!

途中で「このシェルをrootでキックして」って言われるので、
キックしてからcontinueのボタンを押す。押忍!

インストールが完了したらOEMのアドレスが表示されるので、一応コピーしておくこと。
https://oracle.localhost:5500/em
だいたいこれになってるはず。

で、いったんoracleが入ったかを確認する
sqlplus / as sysdba
かな?すみません、適当に打ってます。

とりあえずアクセスできればOK

いざ、OEMへ!!

では、張り切ってNew デザインのOEMへアクセスしてみようじゃないですか。

先ほどコピったOEMのアドレスをブラウザのアドレスバーへ貼り付けてエンター!!

 

・・・

いけました?

僕はいけませんでした。

ここではまった・・・

OEMにたどり着けない!!

どうすればいい。

tunda

 

リスナーは??

これだ!と思った。
netstat でみると確かに5500はない。

というわけで。

リスナーのたてかたをぐぐって。

oracleユーザにて
lsnrctl start

だめだったwww

こらあかんやつや。

ダメだったんだよ。俺みたいなやつがOracle入れるなんて。

kujikenai

 

ん、さっきコピーしたアドレスがなんか妙だ・・・
https://oracle.localhost:5500/em
だと?
oracle.localhost ?

rootにて、
vi /etc/hosts
127.0.0.1
の行に
oracle.localhost
を追加!!

oracleユーザにて
lsnrctl start

jack_kita

https://oracle.localhost:5500/em

にアクセス!!

素敵な画面が見れるかと思います!

※フラッシュを入れろと言われるかもしれませんが、
入れてあげてください。

もしめんどうだぜって方は、
ホストのほうから、外向けIPを打って。

https://xxx.xxx.xxx.xxx:5500/em

こんな感じです。

外向けIPの調べ方ですか。

rootにて。
ifconfig

ででてくるそれっぽいのがそうです。

iptableで遮断してる可能性もあるので、
chkconfig iptables off
chkconfig ip6tables off

とかしておけば間違いないかと。
あとSELinuxの無効化

 

まとめ

oracleは毎回なにかとはまります・・・
しかもoralce12cからは、
ecml(だっけ?)のコマンドとかないし。

まあなんだかんだ入れることができたのでよかったです。

~今日の一言~

yum?なにそれオレンジ?

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最後まで見ていただきありがとうございます。
今後とも頑張って更新していきますのでもしよろしければ
下記お一つでもシェアしていただけると幸甚です。
Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマーク LINEで送る

 - 技術系 , ,

\皆によく読まれてる人気記事/

スポンサーリンクと関連コンテンツ

  関連記事

【GIT】既存のプロジェクトをコピーする方法

ansibleでテンプレートとなるplaybookファイル用意してて、 サービス …

またもこのブログ(word press)で「bad gateway 502エラー」がでました。

今日は19:30頃には会社をでて(僕の会社は10時出社の19時定時)、 早めに家 …

xcode6をvimライクにした。

まいど。つい先程からxcodeのswiftの勉強をし始めましたチャットです。 そ …

【Ansible】jinja2で変数内の文字列検索しマッチした場合とで処理を分けたい

jinja2のテンプレートを使っててマジック変数内にとある文字列があった場合、な …

【Python】インストールしたパッケージを完全にアンインストールする方法

仕事でansibleを使ったりしてて検証中にバージョンを上げたり下げたりって結構 …

【解説付き】vimrcのオススメな設定内容を晒すので参考に【小技も】

貼り付けるだけで便利になるviエディタの自分の設定について晒しておきます。 (自 …

【5分で終わる】DropboxとLinuxとを同期させる方法

意外と簡単にできたのですが、 どんなに簡単なことでもメモメモ。

Ansibleでサーバを再起動させて正常に停止・起動されたかを確認する方法

地味に使うことがあるんじゃないだろうかということで今更ながら書いておくのです。 …

macのターミナルで「ll」コマンド叩いても「コマンドが見つかりません」となる

まいど。 新しくかったimacで久しぶりに開発でもするかなと思ってターミナル(i …

ブログの更新を自動でツイッターで呟かせる際の改行方法

できるはずなので、色々と試してみた結果、 %0a のアスキーコードを埋め込むこと …

※コメントですが僕が確認してからとなるのでだいたい3日後の反映となります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。