技術系

macのターミナルで「ll」コマンド叩いても「コマンドが見つかりません」となる

投稿日:


まいど。
新しくかったimacで久しぶりに開発でもするかなと思ってターミナル(itermだが)開いて「ll」叩いたら怒られたので一応メモです。

スポンサーリンク

macではデフォルトでエイリアスが設定されておりませぬ。

 

そもそもlinuxとかでllと打った時になぜファイルやフォルダが表示されているのかというと予めbash、ようはサーバに、

「俺がll って打ったら"ls -l"って打ったことにしといてくれよな。くれぐれも先生には内緒にな」

とお願いをしているからであって決してll というコマンドがあるわけではないのです。(題名でばっちりllコマンドとかいってるけど気にしないでください)

どうやってお願いするのか

bashにログインしたら、

alias ll="ls -l"

打ってください。

ごめんなさい。これだとログインの度、毎回打たないといけません。

「毎回打ってやるぜー。はっはーメルツェエエル」

という猛者はここから先は読まないで大丈夫です。

まずターミナル上で、

とだけ打ってください。(ホームディレクトリに移動します。)

と打ってください。(隠しファイルを含めたすべてのファイルを表示します)

そこに、

.bash_profile
もしくは、
.bashrc
なるファイルありませんかね。

なくても大丈夫です。なければ作るまでです。

あ、あってもなくてもこれ以降することは変わらないのでそのまま下にいきます。

とりあえず今回はll打った時にls -lのエイリアスが設定されれば良いので。

でファイル編集画面に移り、

alias ls='ls -G'
alias ll='ls -hl'

を追加してあげてください。

これで一旦ログアウトして再度ログインすればll叩いてファイルなどが表示されるはずです。

※本来bash_profileは環境変数を設定するためのファイルなので正しい書き方でないですけど、だからといって悪いことはございません。皆やってるってきっと。

「いや俺はしっかりと知りてえんだ」

という好奇心の権化みたいな方は下記を見てください。わかりやすく書いてます。

http://qiita.com/magicant/items/d3bb7ea1192e63fba850

あと、

「なんでls -Gとかやってるの?ls -hlってなに?」

って思った方は下記サイトにて、

lsコマンド オプション

と打ってみてください。

https://www.google.co.jp/

※番外編。llじゃなくてもいいんやで

試しに、

と打ったあとに、

file_wo_misero

と打ってもいけます。

こんなかんじでlsだけじゃなく、色んなコマンドエイリアス設定すればサーバでの作業が捗りますね。

余談ですがrootユーザでは、rmのエイリアスに、「rm -i」が設定されてたりします。

「まじでやっていいのか?」

って聞いてくれます。rootだけなんでもできちゃいますので。

今日の一言

こんなに長く書くつもりはなかった書いているとなんか楽しくなって長くなってしまうアゲアゲなチャットより。

書く前はなかなか書くモチベーションないくせによ。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-技術系
-, ,

Copyright© chat-blog , 2017 AllRights Reserved.