技術系

EC2にSSHで繋いでて「Write failed: Broken pipe」とでて接続が切れるときの対処法

投稿日:2015年9月7日 更新日:


僕はハイボールが好きなのですがなんというか黄金比率はないものかいつも悩んでるブラックニッカなチャットです。ちなみに山崎のやつが一番好きです。

スポンサーリンク

僕のブログはAWSのEC2上に立てているんですけど作業しててふとちょっと席を立って戻ってくると接続が切れてしまう時が多々あっていい加減どうにかしたくなったので、
そのお話です。

sshの設定ファイルを作る

自分のPCのターミナル上で、

そして、

を追記して、

これで大丈夫なはずです。

これなにしてるかっていうと60秒毎に接続してるサーバに応答確認を送ってあげてるんです。

つまりそもそもなんで接続が切れてしまうのかというと、接続先のサーバが、
「このチャットって人電話かけてきて少し話したらしゃべんなくなったわ。あまり好みの声じゃないし切っちゃおう」
ということなので、定期的に、
「あ・・・あ・・・う・・・ぁ・・・」
って声を発する設定なわけですね。

もちろん接続しているサーバ側でどうこうする方法もなくもないはずなのですがこれが一番簡単かと。

そんな感じです。

 今日の一言

ハイボールの黄金比率とか言いながらも特に毎回測ったりしてるわけでもなく、そもそもハイボールを作ってくれてるのは奥さんということに気づいたいつか刺される被害者チャットより。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-技術系
-,

Copyright© chat-blog , 2017 AllRights Reserved.