chat-blog

僕の独り言が誰か一人の役に立つことを祈って

*

知らないと大惨事に・・・DNSのSPFレコードにはincludeできる上限がある件(10回)

   

意外と情報がなく、知らずに馬鹿みたいにIncludeすると大変なことになるのでメモしておきます。

PR

Include可能な回数は10回まで

これはBINDの仕様の問題なのでどんな理由があれ従うしかありません。

確認方法(コマンド)は?

実際に登録されている情報で確認するなら下記のコマンドをコマンドプロンプト上から打ってください。
nslookup -type=txt test.pekepeke.co.jp←確認したいドメイン名

“v=spf1 include:spf1.test.pekepeke.co.jp include:spf2.test.pekepeke.co.jp include:spftest.test.pekepeke.co.jp ~all”

こんな出力がされるので、ここでまたincludeされているドメインをさっきのコマンドでまた確認する。
それを繰り返す。(上記の場合は3回既にIncludeされているということになる。)
※注意※
何階層になっているかではなく、何回includeしているかをカウントする。

一応確認するツールもweb上にあるんですけどどれもあまりいけてないのでnslookupで自分で引いたほうが早いです。

もし10回以上Includeしちゃったらどうなる?

11回Includeした場合、全てがIncludeできていない状態となります。
※10回はセーフ。11回になったらすべてがincludeされなくなる。大変。

そんな感じです。

 

今日の一言

DNSって難しいですよね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最後まで見ていただきありがとうございます。
今後とも頑張って更新していきますのでもしよろしければ
下記お一つでもシェアしていただけると幸甚です。
Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマーク LINEで送る

 - 技術系

スポンサーリンクと関連コンテンツ

  関連記事

【Zabbix】セットアップ中に、Error connecting to database: No such file or directoryが出たときの対処法

検証でzabbix3.0のインストールをしていて何度かハマったので残しておきます …

【Git】ローカルで編集した内容を元に戻す方法

ローカルでいろんなファイルに変更を加えた後に、 「・・・よし、cloneしてきた …

自動化で便利なlinuxのexpectコマンドをソースからインストールする方法

自動化してるとどうしてもexpectコマンドが必要になってくることがあります。 …

【GIT】git pushしたら、error: failed to push some refs toとでたときの原因と対処法

複数人で思い思いにやっちゃうとまれに発生しちゃうやつです。

iPhone6が発売されたのでスペックまとめ

下記にまとめました。

Route53とムームードメインを使って独自ドメイン取得したよ!

毎度、チャットです。 ブログが出来上がって「さあこれから更新だ」ってなって、 「 …

【Ansible】変数内に特定文字列が含まれているか確認して処理を分ける方法

Ansibleのwhen句で使えるmatchによる判定の仕方です。

【Python】3分でMacをmecabが使える環境に整える

形態素解析とかして色々したくなった(必要になった)ので。

【Swift・X-Code】terminating with uncaught exception of type NSExceptionが出た時に確認するところ

ビルドは通ったのにエミュレーターが起動したときに起こるやつです。

macのターミナルで「ll」コマンド叩いても「コマンドが見つかりません」となる

まいど。 新しくかったimacで久しぶりに開発でもするかなと思ってターミナル(i …

※コメントですが僕が確認してからとなるのでだいたい3日後の反映となります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。