お役立ち

調べ物上手になろう!一歩先の効率的なインターネットの仕方

投稿日:


ネットサーフィンしてるといつの間にかタブの量が20個以上とかになります。
タブ多いとちょっといらっとして消すんですけど消した途端にまたそのページが見たくなる。あるあるー。

スポンサーリンク

さてさて。
仕事していて結構Google先生を使って色々調べたりすることは結構あると思います。
今日は僕がやってるちょっと便利なインターネットでの調べ方のお話です。
※IE、Crhome、Firefoxでは動作確認済みですが、恐らくoperaとかSafariとかどのブラウザでもいけます
 また、Windows前提で書いてますがMacの場合は、ctrlをcmdに脳内変換していただければ大丈夫です。

リンクは新しいタブで開くようにする。

Googleの検索窓に調べたいキーワードを打って検索するとたくさんでてきます。
で、通常、タイトルを普通ならマウスで左クリックを押してアクセスすると思うのですが、
ここで左クリックせずにマウスのホイールの部分でクリックします
すると、新しいタブで開かれると思います。
あとは新しく開いたタブを普通にクリックして。閲覧すればいいだけです。
※マウスホイールでクリック以外にも、ctrl押しながらクリックでも新しいタブで開きます。
 また、開いたタブを見るときですが、わざわざタブをクリックしなくても、ctrl + Tab で移動できます。(ctrl + Shift + Tabで逆方向にタブ移動できます)

見終わったタブを楽に消す

また、見終わった後ですが、だいたいタブを消すときってタブの端っこに小さなバツじるしを押すと思うのですが、
あの小さいバツにカーソルを合わせるのはわりと大変なので、
タブの上にマウスカーソルをおいてここでもホイールでクリックます。
するとそのタブが消えます。
※ctrl + w でタブを消すこともできます。

この閲覧の仕方のメリット

この方法でのメリットですが、
前のページをそのまま開いたままでリンク先を見ることができるところにあります。
例えばGoogleの検索窓から普通にクリックしてページみて「戻る」ボタンを押すと、
また検索結果画面の情報を読み込まないといけないので時間がかかります。
この方法だと、閲覧が終わったらそのタブを消してすぐに別のページを見ることができるのでとても効率的です。

まとめ

まとめると以下のような流れです。
 検索する
 ↓
 リンクをホイールクリック(か、ctrlを押しながらクリック)して新しいタブで開く
 ↓
 気が済むまで見る
 ↓
 大した情報がなければ、タブの上でホイールクリック(もしくはctrl + w)
 ↓
 また別のリンクを開いていく
パソコンを使って仕事している人からすると、
「そんなこと常識だろ。見て損したわ!」
ってレベルの話かもしれませんがそもそもホイールでクリックできることを知らない方もいるはずなので。

今日の一言

ちなみに更に上級者だとマウスには一切触れずにエンターキーでページを開くようにしたりすることですごくかっこよくネットサーフィンができるのです。
見せてやりたいぜ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-お役立ち

Copyright© chat-blog , 2017 AllRights Reserved.