僕の独り言が誰か一人の役に立つことを祈って

*

新感覚スマホ音ゲー【lanota】が想像以上に面白くて神曲揃いだった【レビュー】

   

毎度、最近色々と忙して更新できていなかったのですがどうしても紹介したアプリがあるので紹介させてください。

PR

台湾発祥、RPGリズムゲームlanotaについて

最近忙しくて更新がとかいってますけどこのアプリが面白すぎるんです。

今日はそのlanotaの魅力を語ってしまおうかなとという魂胆です。

このアプリ、メインはもちろん音ゲーなのですがきちんとストーリーがあります。

楽曲をプレイしていくとストーリーが進んでいき同時に楽曲が解禁されていくというシステムです。

今日はそのlanotaの、

  • ストーリー
  • 遊び方(どんな音ゲーなのか)
  • 面白いところ
  • 曲がとても良い件

を軽く説明したいと思います。

まずストーリーの内容について

原因不明の事象が発生してしまい色が無くなった世界が舞台です。

プレイヤーは主人公になって地図を歩きながら各地で【調律】を行い色を取り戻していく。

ざっくりいうとこんな感じです。

ちなみに絵はこんな感じ。

lanota

主にこの二人しかキャラは出てきません。(今のところ)

遊び方

lanota_play01

上記の円盤があってその中心からノーツがやってきて円盤の縁の部分をタップします。

ちなみに円盤は画面上を移動します。

lanota_play02

ちなみに移動するだけでなく回転もします。

つまり、

「お、ノーツが右のほうにやってきてるな、よし」

って身構えていたらふと左のほうに移動することがあります。

「いや、おいふざけんなよ」って思いますが一応良識の範囲内で移動したり回転するのでそんなにイラッとはしませんw

※レベル10のが1曲だけあり、(2016年8月3日現在)こいつは明らかに良識の範囲を逸しています・・・

面白いところ

上の遊び方ところで円盤が動いたりするって書いて、

「えー?音ゲーって感じしなくない?ノーツは認識出来てるのに急に円盤が動いてミスになるとかなんか違う気がする」

って思う方いると思います。僕がそうでした。
急に移動して理不尽にミスになることは余程の難易度の曲でない限りないです。上にも書きましたが良識の範囲内で動いたりします。

ただですね、実はこれがハマるポイントの一つでもあると途中から気付きました。

douiukoto

円盤は確かに移動とか回転するのですがただ無作為に移動するわけではなくてですね、きちんと音楽に合わせて動くのです。

音楽に合わせて動いたり回ったりするので【踊る】という表現も正しいような気がしますね。

で、ノーツの種類としては、

  • タップ(ゲーム上ではキャッチといいます)
  • ホールド(長押し)
  • フリック(指定された方向にシュッとスライドさせる)

大きく分けて上の3つなのですが、
フリックすると同時に円盤が動いたり回ったりするのでさも自分が円盤を操ったりしてる感覚になります。

そういう感覚がわかってくると、初見の曲でも、

(あ、フリックが来てるな、曲調的にもしかしたらフリックと同時に円盤も上に動いたりするんじゃないかな・・・)

とか考えたりして実際にその通りになったりするととても気持ちが良いです(笑)

また、円盤が急に回ったりして初見じゃ絶対にノーツ取れないだろ!って曲でもその動きを覚えて、改めてプレイするときに、

(知ってんだよ、そこで回るんだろ?どうせ回るんだろ?来るぞ来るぞ・・・はい!!回ったああああああああああ!!ハッハー!!)

てな感じでちょっと玄人プレイヤーみたいな気分にもなれます。

※上記の例えはちょっとアレですが、予め円盤の動きがわかってる上でプレイすると結構楽しいのです。

やりこみ要素もある

lanota_challenge01

 

上記の画像に、

「Ultra 難易度:
スコア930000以上」

というのがありますがこれは【チャレンジ】という要素でultraという難易度でスコア930000を取ってクリアしてねってことです(そのまんまや)

これはクリアするとノタリウムという宝石?(詳しくはゲーム中で説明されます)が一個貰えるのです。

このノタリウムですが隠し楽曲の解禁条件になったりもしている(ノタリウムを30個集めると解禁とか)ので積極的に集めていったほうが良いです。
(隠し楽曲についてはまた別途書いていきたいと思ってます。まだあまりわかっていませんが・・・)

また左3つのノタリウムのチャレンジのクリア条件ははじめからわかっていますが、右側の3つははじめは明らかになっていません。

lanota_challenge03

これは楽曲を繰り返しプレイしていくうちに見えるようになっていきます。

また、右側に出てくるチャレンジ内容は若干ハードルが高い内容になってます。

曲がとても良い件

音ゲーなのでやっぱり楽曲って大事ですよね。

安心してください。正直始める前一番心配していたところだったのですが、そんな不安は一切不要です!

とにかく素晴らしい曲ばかりです!

一番最初にプレイできる曲【Dream Goes On】という曲があるのですがこれがすごく良い!

1曲目に持ってくるだけのことはあるなと思いました。

DJ’TEKINA//SOMETHINGをはじめマチゲリータ、カラスヤサボウ、ヒゲドライVAN、Massive New Krewなどアニメやゲーム、劇伴、アイドルソングなど様々な分野で活躍している豪華参加アーティスト陣による書き下ろし楽曲がゲームの世界観をより一層盛り上げます。

かなり豪華な作曲者から曲が提供されているようです。僕誰ひとりとして知りませんでしたけど。

ちなみに楽曲数は2016年8月3日現在で16曲とリリースされたばかりというのもあり少なめです。今後に期待ですね!

※通常ストーリーを進めて解禁される楽曲が11曲、サイドストーリー(課金)で解禁されるのが5曲

以上です

いかがでしたでしょうか。

個人的な感覚としてはチュウニズムとmaimaiを合体させてスマホで遊べるようにした感じです。

2016年8月4日現在で240円と有料アプリですがゲーセンで3クレやる以上には確実に楽しめますので決して高くないと思います。

そんな感じなので皆さんもぜひ色の無くなった世界を彩ってみてはいかがでしょうか。

Lanota

Lanota
開発元:Noxy Games Inc.
¥240
posted with アプリーチ

 

※Android版は年内に配信予定だそうです

 

今日の一言

現在最後に解禁される曲が、
【Frey’s Philosophy】という曲なのですがこれの解禁時の演出がボス感が半端じゃなくて鳥肌たちましたw

スポンサーリンク

スポンサードリンク

最後まで見ていただきありがとうございます。
今後とも頑張って更新していきますのでもしよろしければ
下記お一つでもシェアしていただけると幸甚です。
Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマーク LINEで送る

 - ゲーム(スマホアプリ)

  関連記事

natsuiro
とうとうスクフェスにレベル12が来たー!鬼譜面で無事死亡ww

最近スクフェスが激アツです。っていうかスマホでやる音ゲーになかなかはまってます。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">