俺が同級生にマルチ商法(アムウェイ)に勧誘されたときの話をする

もう5,6年くらい前の話なのですがふと思い出してしまったのでこの場を借りて書いちゃおうと思ったのです。

ふと思い出したといいましたが思い出したキッカケというのは、つい先日、高校の同級生からすっごく久しぶりに、

「あそぼーぜ」

という連絡がきてまっさきに、「マルチか?俺の同級生たちは本当にどうなってんだ・・・」

と思って、そこで思い出した。
※なお、このお誘いは全然マルチ関係なくただのあそぼーぜでした。w

前置きは置いといて本題に入ります。
(上は思い出したキッカケですが、書いてやろうと思ったキッカケは別にあります。ここでは言いませんが)

もちろん実際に誘ってきた友人の名前は伏せますが便宜上、「K」とします。

「なぜKなのか」ですが、夏目漱石の【こころ】のパクリです。なお、深い意味はないです。なんならKは作中で自殺しましたがこの記事にでてくるKはまだ生きています(多分)

ある日突然連絡があった

この日は僕が会社の社員旅行の真っ最中だったのです。

LINEに通知がきて、

「まだ、会社で働いてんのー??」

とイケハヤの、

「まだ東京で消耗してるの?」

に似た煽りは感じたのを鮮明に覚えています。(あまりに腹立ったのでスクショを取って今もそれはiPhoneに保存されている)

もちろんこの時点ではまだマルチの勧誘だなんて思ってもいないので、

(久しぶりに飲んで、お互いの近況報告と見せかけて自分は今こんなに楽でいい仕事してるんだぜ。っていうアピールしたい感じかな?)

と思いながらもまあ実際久しぶりだし社員旅行の帰りにちょっと飲むくらいはいいかなと思って承諾したのです。
(この時僕も社会人1年目か2年目だったのですが、やたらこの時期の同級生って「こんな楽な仕事やっている、こんなのバイトでもできるわー」っていうのを自慢してくる節があると思うのは僕だけでしょうか。)

なお、このときから若干怪しいのを感じていて、やたらと僕に合わせてくるのです。

どういうことかというと待ち合わせ場所とかも僕が、

「じゃあ◯◯(Kの住んでいる最寄り駅)に行けば良いかね?」というと、

「いや、チャット(もちろんKからは本名で呼ばれている)の最寄り駅とかまで行くよ!」

といった感じ。

もちろん普段のぼくであれば「じゃあ悪いがうちの最寄りで飲むか」となるんですけどはじめに書いたとおり社員旅行の帰りによる程度なので、

「いや、Kの最寄りでいいよ」という話で落ち着きました。

なんでこのやり取りが怪しいと感じたかというと、以前遊んだりしていたころでは絶対にわざわざ、お前の最寄りまで行くよ。なんてことは言ってこなかったのです。

とはいえ特には気にせず、

「じゃあ△△時に◯◯で待ち合わせね。」

と、約束をしました。

当日

駅で待ち合わせし二人は再会しました。

あまり覚えていませんが多分数年ぶりくらいだと思います。

とりあえず普通に、「久しぶりー」という挨拶をしつつ、どこかお店に行くことに。

そしてこのときから彼のアムウェイへの勧誘は始まっていました。

お店を探して歩いている最中、

「まだ会社で働いてるんだっけー?」

「そうねぇ、まだ働いてるよー」

「そっかぁ。もったいねぇなぁ・・・」

と、なんかまるで遠くを見ながら「もったいねぇなぁ」という言葉を言ってくるのです。

一度だけならまあいいのですが、やたらと、

「毎日満員電車に詰め込まれてって感じっしょ?」

「いや、うちは始業が遅いしうちの使ってる線はそうでもないかな」

「でも夏でもくっそ熱い中スーツとか着ていくんでしょ?」

「いや、うちは私服だからなぁ」

「あぁ、そうなんだ。まあでももったいねぇなぁ・・・」

結局、「もったいない」って言いたいだけなんじゃねえかこいつって思うくらい振り絞ってだしたようなもったいないだった。

このあたりから若干怪しいと感じていた。

とはいえまだマルチとは思っていなくてせいぜい、
「もし今の仕事に不満があるならうちの会社で一緒に働かないか?」
みたいな話とかするのかな?くらいに思ってました。

ここで更におかしいことが

社会人同士の人同士が特に予定も無く遊びにいくときってのはだいたい飲み屋に行くことが常だと思います。

なので僕は適当な居酒屋があったので、

「じゃあここにすっか」

って話をしたら、

「いや、こっちかな」

と言った彼の先には、

 

 

・・・

 

・・・

 

※実際の写真と店舗は異なります

 

?!?!?!?!?!

さすがに笑ってしまった。いや、笑ったんだよ。冗談だとも少し思った。

ほら、よく友達と歩いててどこの店に行くかーって話しているときに冗談でキャバクラとか風俗とか指して、「ここでいっか!w」とか言うじゃないですか。そんなノリかと思ったんだ。

「でゅへ!?wwwここ??wwえ?!wwww」

「ああ、まあここでいいべ」

 

よくわからなかったがこいつは本当にガストに行きたいんだろうなと思った。

素直に思ったのは、

「こいつ金ねえのか・・・」

でした。

いやもういいやと思ってとりあえずガストに入りました。

しかし、

 

 

満席だった。

 

次はどこって言い出すんだろうとちょっとドキドキしていた。

サーティーワンアイスクリームかなwwwマクドナルドかなwwwぶふっ!wマクドナルドありえるなwwwマックでもいいけどさwww

と思いながら彼が何を言い出すのかを待っていたら彼の発した言葉は想像を超えるものだった。

 

 

 

「待つべ」

 

いやいやいやいやいや!!!www待たないよ!!なんで他に選択肢がたくさんあるのにわざわざガストなんだよ!ぜったいやだよ!

というわけでさすがに、

「いやもう居酒屋でよくね?ちょうどここで食いたいものがあるんだよ」

と、チェーン店のメニューに食べたいものがあるわけねえだろと、自分でもまあまあなジョークだなと思いながらも言ったらそこはあっさり「じゃあそこにすっか」

となった。

 

 

(・・・今までのガスト推しはなんだったんだよ・・・)

 

頑張れ!!居酒屋でのマルチ勧誘!

居酒屋で席に座り、適当にビールを頼んだ。

はじめは僕の仕事はどんな感じなのかとかK自身の仕事についてとかまあ他愛のない話をした。
(Kは普通の仕事をしつつ、副業(笑)でマルチをやっていた)

Kがソープに行った話とかも聞いて正直股間が熱くなった。

そしてようやく彼が動いたのだ

おもむろにiPadを取り出すK

ソープとかの話をしつつ色々話していたのだが急にKがiPadを取り出したのである。

「お?まさか推しの嬢の写真とか見せてくれんの?iPhoneでいいのにわざわざおっきな画面で見せてくれるなんて憎い奴め!」

なんて思っていた。出された画面はyoutubeだった。僕の期待はすぐに裏切られたわけである。

「チャットさ、権利収入って知ってる?」

 

「・・・??」

いきなり難しい言葉を言い出した。さっきまで、

「ソープ嬢ってほんとにローションを両手でグルグル回すんだぜ」

って目をニュルニュルキラキラさせながら言ってたお前はどこいったんだよ。

しかしここからはきっとアムウェイ様のテンプレなのでしょう。

【相手が何も言わせずにとりあえず説明に入る】

まさにこれをされたのです。

で、

「とりあえずこれを見てくれよ。」

とyoutubeの動画を見せられた。

探してみたら中国語のですが動画を見つけましたので貼っておきます。

 

10分ほどの話なのですが、12行で説明すると、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あるところでは水が必要でした。

Aさんはせっせと毎日遠くの水場から毎日バケツで水を汲んで運んでいました。

Bさんは水を汲まずに何やら長い筒のようなものを数ヶ月かけて作っていました。

周りの人はBは怠け者だと笑っていました。

AもBのことを笑っていました。

ある日Bが作っていた筒が完成しました。

それは設置すると遠くの水場から自動でこちらに水を運んでくれるものでした。

これでもうBは働かずに水を手に入れることができてその水を売ることで大金持ちです。

さて、Aさんはどうでしょう。

毎日遠くからバケツで水を運んでいたため身体はボロボロで病気にもなりました。

また、治ったとしてもまた老後まで同じことを繰り返すのです。

あなたはAさんとBさん。どっちが賢いと思いますか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

というものです。

ちなみに僕は、2行目あたりで、

「Bが水を運ぶ仕組みを作るって話じゃねえの?」

とオチを言ってしまったのですが、

「んんん~まあ見ててくれって」

というあしらわれてしまいました。

この点については深く言及しないことにしましょう。

でまあ要はBさんの作った筒ってのが権利収入なんだよ。何もしなくても収入が入ってくるんだ。

というのがKの言いたいことでした。回りくどい動画なんて見せてくるなよって思いましたか?僕に言わないでください。

そこから彼はとうとうこの名を出しました。

アムウェイって知ってる?

ここで初めてアムウェイという単語がでてきました。

「なんだ、聞いたことあるようなないような・・・ソープのお店の名前かな・・・?」

と思っていたらKはまたiPadを操作しました。

 

・・・僕も馬鹿じゃありません。ここにきてソープ嬢の画像とかがでてくるとは思っていません。どうせまたつまらないものをだしてくるんだろうと思っていた。やっぱりつまらないものがでてきた。

 

今度はパワポみたいなものでアムウェイの会社自体の説明をしてきたのです。

当時一応僕も社会人のペーペーとしてですが、プレゼンとかそういうのは経験もありました。

なんなら新人研修で資料作成があり、作成する前に先輩が「このフォーマット(初めに結論を述べて〜的なやつ)に則って作ると良いです」

と言っていたのでその通り作ったらまさかの同期全員がそのフォーマットを完全無視で作っていて一番褒められたことがあるくらいです。

というわけで僕と同い年の同級生がどんなプレゼンをするのかな。って内心ドキドキしながら見ていました。

なのですがもう出来上がっている資料(なんならプロが作ったのであろう)にかかれている文字を朗読しながら説明するだけなので別に何もないんですけど。

「見てて退屈なプレゼンってこういうことか」と今は思います。

ただ印象深く残っているのはやたらとスライド一枚一枚を説明し終えた後に、

「すごいよね?」

と言ってくるのです。

「この社長はさ、もうもともとこういう地位の人だったから別にお金とかどうでもよくてね、アムウェイの会員のために色々考えてるんだよね。すごいよね?」

と言った具合。

お金とかどうでもよくて会社経営するやつなんていねえだろ。どうして結局のところその社長が一番潤うってことわかんねぇのかな・・・。

この時点では完全にマルチ確定で僕は聞いていたのでもうアウトです。(話聞きながらスマホでアムウェイについて調べたらわんさかマルチマルチってでてくるんですもの)

決して金を儲けたくてこの話してるわけじゃないんだよ

「いや、勘違いしてほしくないのは俺も金が欲しくてこんな話してるわけじゃないんだよ。やっぱさ。◯◯(学校の名前)の皆ってめっちゃ良いやつで楽しかったじゃん?wなんていうかそういうやつらと一緒に成功してこれからも楽しみたいって思ってて話してるんだよね」

まあ確かにKの言いたいことはわかる。我々を踏み台にして金持ちになりたい。ただそれだけだ。

そして資料の後半には、まあそれはテレビでしか観たこと無いようなセレブリティあふれるホテルでの写真とかが載ってて、
「この部屋にタダで泊まれたりするんだぜ?wカジノだってあるしwwほんとに普通の社会人してたらこんなのありえないっしょ?!w」

「アムウェイ本気でやればこういう生活も夢じゃないんだよ。正直やらない理由なくね?」

と言った形で勧誘してくるのです。

この勧誘の怖いところは、「やらないやつはよほどな馬鹿」というのを言外に含めつつ説明してくるので聞いてる側としては自尊心を保つためにもなんか入ったほうがいいのでは?と正直思ってしまうあたりです。

僕も、(どうやってこいつに馬鹿にされずにこの話し断ろうかな・・・)とただそれだけで悩んでいました。

結論としては、同級生にマルチ勧めてくるようなやつに今後どう思われようが関係ないか。

ということで鉄の心を持って断り続けました。

なんて言って断ったか忘れましたが、
「すげー良い話だと思うんだけど、なんか興味でないからいいわ」みたいな感じだったと思う。

断ることが大事なのですが、結構難しいです。

相手は僕らとの友情をも餌にして色々言ってくるので、なんなら、「え?俺がここまで言って説明してるのにさ、もしかしてなんか俺が騙してるとか思ってる?そんなんじゃないよー」みたいな感じで言ってきます。

僕はそれでも断り続けました。もちろんスマイルを忘れずに。笑顔は大事です。ケンカになりそうな場面も回避できます。仕事でも笑顔は大事です。

かなり粘り強く勧誘してきましたが最終的には彼から、

「じゃあもういいや!」

と言ってきました。

これはきっと最後の手段なんだと思います。(アムウェイの)

この、「じゃあもういいや」というのは、ある意味、

「じゃあもう(お前とは)いいや」

という決別をにおわしてきます。

おそらくこれを言われて、

「え!あ、ちょっと待って!ちなみにそれって登録だけしておくのはありかな?」

って言っちゃう人もきっといると思います。絶対に駄目です。

そもそも同級生をマルチに誘ってくる時点でもうそいつは自分のことを友達とはこれっぽっちも思っていないのです。悲しいです。なんなら一緒にソープに行くこともなければ今後もう、

「ソープ嬢ってまじでローションを両手でry」

という股間心あたたまる会話もできないのです。

最後に

アムウェイを始めとするマルチ屋さんは商品の説明よりも、【ここで断ったら嫌な奴と思われるような断りにくい状況】を作ってきてたくみに勧誘してきます。

「俺ら友達(仲間)じゃなかったのかよ。ここまで言って断るとか完全に俺のこと疑ってんじゃん。せっかくこんな美味しい話し持ってきてやってんのにないわー」みたいな雰囲気を平気で作ります

上にも書きましたが、マルチ勧めてくる時点でそいつは僕らをただの馬鹿な金づるとか見てないです。これはガチです。

また、この出来事以降、もう少し詳しくアムウェイについて調べていたら、SNS等に自分が参加させてもらったパーティなどの写真や動画を上げることがアムウェイのやり方でもあるようです。

つまり、「俺らはいまこんなすごい会場でパーティしてるんだぜ!さあ君もアムウェ〜〜イに!」というアピールをするのです。

おそらくですが、パーティの主催者的なやつが、

「皆さん、今日このパーティの風景ですが、SNSに上げることをおすすめします。なぜならあういlhがういlhgらいlが」

というありがたいお言葉の元彼らはSNSにあげているのでしょう。

そして案の定、KのSNSにはそれはもう、うぇ〜いしている雰囲気の写真やら動画が上げれており、

「ネットの情報そのまんまやんけ!!」

と突っ込んでしまうくらいです。

今でも面白いので切ってはいませんが本当に楽しそうでなによりです。

居酒屋で聞いたKの話が本当ならもうあれからもう5年は経っているので、Kは月に100万くらい稼いでいるはずですがどうなんでしょう。

仮に稼いでいようがもっと稼げていようが、

友達を無くして(少なくとも俺はもう友達と思っていない)、なんなら同級生たちから、マルチにハマったやばいやつwwwwwって言われてまで月に100万も稼ぎたくはないです。

かなり長く書いてしまいました。

最終的にはマルチには気をつけましょうみたいな締め方になってしまいましたがこれはあくまでも、僕が同級生からマルチに勧誘されたお話です。

自分の身の回りでマルチにハマってしまうそうな人、また自分が勧誘されてて困っている。という方向けの記事になっていないのが残念ですが、もしこれをみて少しでも気になったらgoogleなりなんなりで、

「アムウェイ 勧誘」

「アムウェイ 評判」

「アムウェイ マルチ」

とかで調べてみると良いです。本当に面白いくらいでてきます。

なんなら本当に成功している人、本人がいるならその人が「アムウェイは良いものです」っていうブログを書いててもいいはずだけど不思議と見当たらないんですよね。いやあ不思議ですね。不思議かな。

本当の最後にですが、こんなに長い日記を、ここまでちゃんとスクロールして読んでくださってありがとうございました。

 

〜〜〜〜〜〜〜

アムウェイを断った自分がKに、

「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」

と言われた気がするのは気のせいでしょう。

日記

Posted by chat