【Mac】超便利!BetterTouchToolを使いこなすための設定

Macを快適に使いこなすのに欠かせないアプリ「BetterTouchTool」。
今日はこのアプリの「最低限これだけはやっておけば間違いない」っていう設定の紹介します。

インストール方法

こちらにてお安くインストールする方法を書いてます。(新規タブで開きます)

ウィンドウの移動・リサイズをキーボードから可能に

PC操作していてウィンドウの移動や、サイズを変える操作は結構あると思うのですが移動はウィンドウの上部を掴まないといけないし、リサイズは端っこを掴まないといけなくてとっても面倒。

いや、慣れていると実際面倒とは思わないのですが、このBetterTouchToolの機能を知ってしまうと、

「なんて面倒なことを今までしていたんだ」

と思うようになります笑

この設定をすると、マウスカーソルをウィンドウ上に置いてある状態で例えばcontrolキー押すだけでウィンドウをつかむことが可能になります。

設定方法

BetterTouchToolを起動させて、

下記の画像のように、

【Advanced Option】→【Window Moving & Resizing】から、

【Move windows:】と【Resize window:】の設定を変えます。

僕は、

  • controlキーを押しながらでウィンドウの移動
  • cmdキー押しながらでリサイズ

を割り当ててます。どのキーに割り当てるかはお好みで良いかと。

トラックパッドを4本タップでもウィンドウを掴んじゃおう

ウィンドウを動かすのにcontrolキーを押すのもめんどくさいよ!という方のためにトラックパッドを4本でタップするだけマウスオーバーしているウィンドウを掴んで移動できるようにしちゃいましょう。

設定方法

下記の画像のように、

【Gestures】→【Trackpads】→【Global】→【+ Add New Gesture】を選択して、

【Touchpad Gestures】に【4 finger Tap】を設定(four finger gesturesのリストの中にあります)

【Predefined Action】に【Start/Stop Moving】を設定(window Resize & Moveのリストの中にあります)

これを設定することで、4本タップでウィンドウを掴むことが可能になります。

移動し終わったらまた4本でタップすれば離すことできます。とっても楽ですね。個人的に結構お気に入りの設定です。

3本指で上にスワイプすることでウィンドウを閉じる

通常だとwindowを閉じる場合は、左上のちっさいボタンを押すか、cmd + wを押すことで実現可能なのですがこれももはや面倒です。

というわけで3本指で上にスワイプで閉じれるように設定していきます。

設定方法

上で設定した4本指のジェスチャーを登録したように、

【Gestures】→【Trackpads】→【Global】→【+ Add New Gesture】を選択(ここまではさっきと同じ)

【Touchpad Gestures】に【3 finger Swipe Up】を設定(Three finger gesturesのリストの中にあります)

【Custom Keyboard Shortcut】に【⌘ w】を設定(このボックスの中でキーボードでcmd + wを入力します)

これで完了です。

試しに、なにかしらアプリを開いてその上で、3本指で上にスワイプさせてみましょう。ウィンドウが消えれば成功です。
(もし消えない場合、【システム環境設定】→【トラックパッド】から、【3本指で上にスワイプ】がmission controlあたりに紐付いていないかとか確認してみてください)

これの便利なところは、ブラウザ上であれば(なんでもいいです)のタブも削除できるところです。

 

ブラウザ上で3本指でスワイプすることで新規タブを作成する

ブラウザでタブの削除ができるならタブの作成やはたまたタブの移動も楽にしたいと思いますよね。できちゃうんです。

下記の画像のように設定していきます。

設定方法

※ここではGoogle Chromeを例にしていますが、safariだとかを利用の場合はsafariを選択します。

【Gestures】→【Trackpads】→【+ボタンを押下して普段使うブラウザを選択】→【Google Chrome】→【+ Add New Gesture】を選択

【Touchpad Gestures】に【3 finger Swipe Down】を設定(Three finger gesturesのリストの中にあります)

【Custom Keyboard Shortcut】に【⌘ t】を設定(このボックスの中でキーボードでcmd + tを入力します)

これでOKです。ブラウザを開いて3本指で下にスワイプしてみましょう。新規でタブが作成されれば成功です。

作成したタブはすぐに使わないのであれば、上にスワイプさせて削除させてしまいましょう。こういった操作は使うことで覚えていきます。

ブラウザのタブ移動もトラックパッドから

ブラウザのタブの移動って結構面倒ですよね。

実は何もしなくてもデフォルトでブラウザのキーボードで、

【control + tab】で右のタブに移動

【control + shift + tab】で左のタブに移動

ができるのですが、トラックパッド上で、

  • 中指をトラックパッドに置いたまま、人差し指をタップ
  • 中指をトラックパッドに置いたまま、薬指をタップ

といったチップタップの動作を設定してタブ移動できるようにします。

設定方法

先程と途中まではやることは一緒です、

【Gestures】→【Trackpads】→【+ボタンを押下して普段使うブラウザを選択】→【Google Chrome】→【+ Add New Gesture】を選択

【Touchpad Gestures】に【TipTap Right(1 Finger Fix)】を設定(two finger gesturesのリストの中にあります)

【Custom Keyboard Shortcut】に【^→】を設定(このボックスの中でキーボードでcontrol + tabを入力します)

 

これと、

【Touchpad Gestures】に【TipTap Left(1 Finger Fix)】を設定(two finger gesturesのリストの中にあります)

【Custom Keyboard Shortcut】に【shift ^→】を設定(このボックスの中でキーボードでcontrol + shift + tabを入力します)

これでチップタップでタブ移動ができるようになりました。すごく便利ですよね。

最後に注意点

トラックパッドやキーボードにショートカットを登録できちゃう便利なアプリなのですが

既存のジェスチャーなどとかぶらないように気をつける必要があります。

※例えばもともと、Macの【システム環境設定】→【トラックパッド】で設定しているジェスチャーと同じやつを登録しちゃうとか。

とわいえ被ってても問題はないんですけどね。(システム環境設定での設定のほうが優先されるはずです)

もし、BetterTouchToolで設定したジェスチャーが動かないなぁってときはシステム環境設定のトラックパッドの設定を疑ってみてください。

以上です

いかがでしたでしょうか。

今回紹介した内容だけでもわりと十分なのですが、

アプリを見ていて分かる通りBetterTouchToolは他にもたくさんできることがあります。

今回の設定していった中である程度使い方についても理解できたかと思いますので、後はお好みで自分用にどんどんカスタマイズしていけばもっともっと幸せで快適なMacライフが送れるようになるかと思います。

「こんな設定もできて便利だよ!」というのがあればコメントかツイッターとかで教えていただけると嬉しいです笑

そんな感じです。

今日の一言

Macは素晴らしい

 

Mac, お役立ち

Posted by chat